滋賀県の年齢層について

昨今、滋賀県は京阪神等他の地域から若年層の人々が多く移り住んできたため、若い年齢層の数が増えています。

住宅地、高等教育機関が充実している地域、駅前の地域等は若年層の数が多いです。

他の都道府県と同じように同県も少子高齢化の問題に直面していますが、若年層の数が増加しているため他の都道府県ほど深刻な問題にはなっていないです。

人々が生活を営みやすい場所や観光等の強い産業を抱えている地域は若い世代が多いです。一方、山間部等はインフラが十分に整備されていないため、市街地に多くの若年層が流出しています。

同県は京阪神等他の地域に通勤、通学をしている人が非常に多いです。そのため、時間帯によって若年層の数が大きく異なります。日中は中高年層の人々が若年層よりも多いです。

他の地域ほど少子高齢化の問題に苦しんでいないものの、住民の平均年齢は年々高くなっています。また、介護を必要とする層の数も増加しています。近年急激に若年層の数が増えています。